ミシンクラフト

ミシンクラフト 山形県鶴岡市 ミシン・手芸・クラフトの講習 イベント情報 ミシン販売

電話番号

ブログ

A子さん?B子さんって?半年ぶりの特別講習会でした。

2017年06月06日更新

昨日と今日は、ブラザー販売の吉森さんから来店していただき特別講習会を実施しま

した。吉森さん半年ぶりの来店です。昨日は新しく発売される『In The Hoop刺しゅう』

を使ってのドール作りを、今日は『ステンドグラスキルトを使ったバッグ』の講習を行い

ました。

昨日の講習の『In The Hoop刺しゅう』は刺しゅうを使って一気に縫い合わせまで行う

ことができる技法で、ミシンで直線を縫う作業などせずに作品ができてしまいます。

昨日のネタは『ドール(人形)』作りだったのですが、これが意外に?大好評!

刺しゅう枠に接着芯をセットしてそこに布を置いて作り上げるのですが。2種類の人形に

仮の名前の『A子さん』『B子さん』とつけて説明を開始した吉森さん。『A子さんは先に

頭から縫って行きます』とか『B子さんは靴から縫います』とか、なんか妙に愛着がこ

もっている感じです。ワンピースも一緒に作るのですが、それが着せ替え人形のようで

参加者の皆さん、まるで少女時代に帰ったように、『目』がきらっきらっしていました。

もしかしたら、帰った後名前なんてつけてませんよね?粕谷さん?後藤さん?

明日のブログは特別講習2日目の話題を・・・

 

 

 

『ゆみさん』も『竹澤さん』も大絶賛!でした。

2017年05月26日更新

いろんな方から『最近ブログ書いてないわねー』と言われ続け、気づくともう5月も

終わり。なかなか『ブログの作文の神様』が降りてこないのですが、そろそろブログを

再開しようと思います。

お店のミシンさん部門はとっくに広い場所に移動。講習会もいままで四人で使っていた

テーブルを一人で使えます。これが一年を通してできるといいんですが・・・

本日の講習会は午前の部が6名、午後の部が5名の参加者でした。

午前の部では早坂さんが『リュック』をお披露目。親戚からいただいたお古のジーパンを

リフォームしてはぎ合わせ作り上げました。リュックに入れる『バッグインバッグ』も

一緒です。肩ひもの長さ調整部分を見た『ゆみさん』、『ここ工夫しましたね』と絶賛!

作ってみると細かい改善点が浮かび上がったようで、次回作が楽しみです。

あっ、竹澤さんも『大絶賛』でした。

 

午後の部では『智江さん』が上下自分で作った服で来店。ロックミシンを買っていた

だいて最初に作った『カットソー』とシルエットがきれいな『ガウチョパンツ』です。

これからの季節にちょうどいい感じの組み合わせにみなさん『いいね』の連発でした。

 

 

 

特別講習会2日目!『無言』集中していました。

2016年11月08日更新

本日はブラザー特別講習会2日目。『ペーパーファンデーションで作るポシェット』作り

を一日掛けて行いました。12名の参加者でした。

今回のペーパーファンデーションの紙への書き込みは『スキャンカット』を使ったのです

が、一応そのやり方を『ちょろっと』説明しました。切るだけじゃなく、チャコペンを

使ってトレーシングペーパーへ書けるなんて、なんと素晴らしい!?と思ったのは私だ

け?

その後、作り始めましたが、皆さん最初の布の置き方、縫い初め、布の組み合わせに

ちょっと悩んだようでしたが、そこは洋裁のベテランの皆さん。徐々に無言になって

もくもくと縫い進めていました。朝の曇り空から昼過ぎには激しい雨の一日だったの

ですが、縫い終わった時に『雨こんなに降ってたのね!』と初めて気づくくらい、集中

して縫っていたようでした。

今回の講習のキットのファスナーは、すてきな薔薇の金具がついています。これなんと、

吉森さんの手作りだそうです。どうやら夜なべの作業だったようです。すばらしい!

ちょっとずれたり、ちょっと間違った部分もあったようですが、皆さんほぼ完成した

ようです。デザインといい、布の組み合わせといい、とても評判がいいポシェットが

完成しました。

 

 

『刺しゅう枠で作る!?コインパース』の特別講習会。好評でした。

2016年11月07日更新

今年の秋はいい天気が続かないのですが、今日は久しぶりに快晴の日。本当に気持ちの

いい一日でした。

本日はブラザー販売の吉森さんから来ていただき『刺しゅう枠で作る!?コインパース』

の特別講習会を実施しました。午前の部は10名、午後の部は4名の参加者でした。

午前の部は定員が8名だったのですが10名参加の定員オーバーになり、ミシンが

足りないため、5名ずつ時差出勤していただきました。

今回の講習、刺しゅう枠に布をセットして順番に縫っていくとあっという間に出来上がる

という内容なのですが、最後に直線で縫っていく作業で、出来、不出来が出てきたような

のですが、その品評をしていた菅原さん。『やっぱり、吉森さんが作った物って本物。私

が作った物は『偽物だわ!』と一言。でも、皆さん素晴らしい出来栄えでした。出来、不

出来は関係なく、作ってる時間が楽しいことがいいことですよね!

午後の部では久しぶりに順子さんが参加。しばらくミシンを触っていなかったそうで、

その影響か、いつもは、『ぱっと』決断する方が、今日は刺しゅうの模様を決めるのにも

、糸の色を決めるのにも迷いに迷っていました。でも、それが楽しいんですよね!

今日は皆さん、全員完成でした。

皆さん出来上がるととてもいい表情になります。

 

 

 

いよいよ暖房機がフル稼働です。

2016年11月01日更新

11月です。寒くなりました。今日から店内は暖房がフル稼働だったのですが・・・

設置したら動かない暖房機が3台あり、『故障かな』と思い業者さんから点検してもらっ

た所、ちゃんと温水プラグを差し込んでなかったことが判明!ちょっと恥ずかしいことを

してしまいました。

これから、3月までの5か月間は暖房なしではいられない生活になります。あー夏の太陽

が懐かしい・・・

本日の講習会は午前の部9名、午後の部も9名の参加者でした。

午前の部では神部さんがペーパーファンデーションでキルトを作成中です。

紙をコピーして作るのがちょっと大変なので、このデータを刺しゅうプロで作って

刺しゅうで一気に作り上げようとの作戦を検討中です。どんな大作が出来上がるか楽しみ

ですね。

藤本さんは『カーディガン』を完成させて、試着してもらいました。シンプルなカーデ

ィガンですが、それがいい!何にでも合わせることができるのがいい感じです。後ろを

向いてる河野さんが笑わせてくれて、とても、いい笑顔を取ることが出来ました。

松田さんは『アンパンマンのリュック』を見せてくれました。1歳2か月のお孫さんに

作ってあげたリュックで、まだ、お話が出来なくてもアンパンパン大好きのお孫さんの

様子を嬉しそうに話す松田さんでした。それにしても、1歳2か月の子をとりこにする

『アンパンマン』ってすごい。

 

 

 

今年の冬はどうやら『大雪』のようです?

2016年10月29日更新

朝、『ゆみさん』に河野さんからメールが・・・

河野さんちのローリエの木の高い所に『カマキリが卵を産んだ』とのこと。これ、その年

の雪の量を占う目安のようです。ローリエの木の低い所に卵を産んだ年は雪が少なく、

高い所に産むと大雪ということで、今年は近年にないくらい『高い』場所へ生んだそう

です。

当たらないといいんですが、去年の暖冬は見事当てましたからね!

そんな、河野さん、先日から作っていた『コート』が間もなく完成のようです。

ポケットを付けるともうすぐ完成!ということでしたが、試着の場面を写真に撮らせて

もらいました。すばらしい色使いのコートです。『これで、どんな寒い冬になっても大丈

夫?』と冬を楽しみにしている河野さんでした。

 

 

 

 

づくともう10月末です。朝夕は寒くて、とうとう当店もストーブなどを引っ張り出

してきました。

『スキャンカットを使ったハワイアンキルトのコースター』の特別講習会。好評でした。

2016年09月29日更新

『お楽しみに!』と、きのうのブログを終わらせてしまいましたので、日にちが逆になり

ますがおとといの特別講習会の様子を書こうかなーと。いつもはその日の出来事をその日

の内に記憶が新しいうちにブログに載せているのですが、すでにおとといの記憶が薄れて

きております。困った!

9月27日は『スキャンカットを使ったハワイアンキルトのコースター』の特別講習会を

開催しました。午前の部が6名、午後の部が4名の参加者でした。今回は当店の営業担当

『神崎さん』が吉森さんのお手伝いデビューということで、スキャンカットの説明を

行いました。

ちなみに『神崎さん』。当店にとって初めての女性の営業なのですが、すでに『ゆみ

さん』や『あだちくん』からも評判がいいようで・・・

初めて『スキャンカット』を見る方がほとんどでしたが、複雑な形があっという間に

綺麗に切れることに皆さん、拍手拍手で、びっくりしておりました。(ちょっと切れない

生地もありましたが・・・)

そんなこんなで、生地を切り終わるとひたすらアップリケピースを縫い付けます。

この時の皆さん、集中しています。一言もしゃべりません。菅原さんもしゃべりません。

そして、完成です。結構評判が良かった講習会でした。

合言葉?おまじない?『ムジムジ ガラガラ』って

2016年09月28日更新

昨日と今日は、ブラザー販売の吉森さんを講師に特別講習会を実施しました。

本日は『ケイフ・ファセットを使ったローワンクッション』の講習を行いました。11名の

参加者でした。

このクッションのキルト部分、作り方や形が『ログキャビン』に似ているのですが、

ちょっと違うようで、また縫う順番を間違えやすいということで、吉森さんから実際に

縫いながらの説明がありました。『まずセンターを決めてその後、この部分を無地の布で

縫って、その脇も無地を縫って、その上を柄付きの布で、そしてその脇も柄で縫って

・・・」、『とにかく間違えやすいので、無地無地、柄柄と覚えてくださいね」と皆さん

に説明をしました。すると皆さん、『無地ムジ柄ガラ』『ムジムジガラガラ』と何かの

合言葉のようにつぶやき始めました。合言葉なのか?間違えないための『おまじない』

なのか?とにかく『ムジムジガラガラ』が店内に響きました。

縫い進めていくうちに、吉森さんのいう通り順番を間違う方が続出!どうやら『おまじ

ない』は効かなかったようです。私なんかがちょっと見たところで『どこが間違ってる

んだろう?』というような失敗なのですが、『やっぱり縫い直そう』とほどいてやり直す

方と『えーいこのまま縫っちゃえ!』という方に分かれました。ここは、その方の性格が

出ます。私なら『えーい、このまま縫っちゃえ』に1票ってところですかね!

それでも、出来上がると素敵な笑顔を見せてくれました。今日は縫いごたえがあった日

でしたよね!菅原さん!

きのうは『ハワイアンキルトのコースター』の特別講習会を行ったのですが、そのネタは

明日?のブログに掲載します。お楽しみに・・・

このページのトップへ