『私は棟梁の娘なのよ!』特別講習会2日目でした。

本日はブラザー特別講習会2日目。『in the Hoop刺しゅうで作るショルダーバッグ』の

講習会を行いました。8名の参加者でした。

自分でミシンを踏まなくても、枠に布を貼って、そこに布地を縫いつけたり、ステッチや

アップリケを入れたりするのが、刺しゅう機能で出来上がります。ということは、誰でも

簡単にきれいに出来上がるのが、この『in the Hoop刺しゅう』の良さじゃないかなと思

います。ショルダーバッグの表の部分も、みなさん午前中のほぼ同じ時間帯で出来上がり

ました。

 

 

 

刺しゅう部分が終わると、いよいよ念願叶い?みなさん自力で縫い始めました。

ポケットを付けたり、裏地を縫い合わせたりしてほぼ出来上がってきましたが、

最後はロープを通すハトメ穴をつけてマグネットボタンをつけて完成です。

ハトメ穴の金具をつける時、みなさん『トントントントン』いい音を響かせていました

が、粕谷さんがつけている時、周りの方から『ちょっと音が小さいわねー』『力が足りな

いんじゃない?』と言われていました。すると粕谷さん『私の父親は大工の棟梁だったの

よー』『だから金槌の扱いはうまいのー!』と二言。確かに金具もバッグも上手に出来上

がりましたね!粕谷さん!

 

 

 

2017年9月8日カテゴリー:ブログ. この記事のURL. コメントをどうぞ

ニードルパンチで作るピンクッションの特別講習会開催しました!カラフルなものがいっぱい出来ました。

本日は、ブラザー販売の吉森さんから来ていただき『ニードルパンチで作るピン

クッション』の特別講習会を実施しました。午前の部3名、午後の部7名の参加者でし

た。

『ニードルパンチ』という押さえつきの針でフェルトの原毛や羊毛をひたすら布地に

打ち絡ませると、そのフェルトなどが布にくっついてフワフワした模様が出来上がる。

という講習なのですが、とにかく楽しかったようで・・・

いつもの講習の場合、当然ながらミシンで布を縫い合わせるわけで、そうすると失敗して

縫いなおしをしたり、隣の方が早く縫いあげてしまい、焦ったり、とちょっと緊張感が

あるのですが、今回はフェルトを布にたたくだけ?でいいので、みなさん余裕でミシン

を操っています。

それに今回はマチ針も手作りしました。スキャンカットでプラスティック盤をハートや

貝などの形にカットしてそこに色を塗り、オーブンで焼き、UVレジンを塗り固めると

いう工作のような工程を行いました。いつもと違う講習内容がとにかく好評でした。

カラフルな作品がたくさんできました。

 

 

 

 

2017年9月7日カテゴリー:ブログ. この記事のURL. コメントをどうぞ